ナチュールシー 効果 特徴 美容液 ピュアビタミンC

【図解】ピュアビタミンCが持つ成分の効果を徹底分析

このページでは、ナチュールシーが持つピュアビタミンCの成分の特徴についてわかりやすく解説します。

 

 

そもそも、

 

 

なぜナチュールシーは人気なのかご存知ですか?

 

 

ナチュールシーの特徴は2つで…

 

  • 100%ピュアビタミンだから即浸透
  • 「レイヤーボール構造」で深層まで浸透

 

ナチュールが人気の理由をこのページで理解しましょう。

 

 

【ピュアビタミンC】なぜシミ・毛穴に効果的なのか?

ナチュールシーの最大の特徴はビタミンCをお肌にすばやく浸透させること。

 

 

ビタミンCをより早く実感できるのがポイントです。

 

 

ビタミンCは2種類に分かれます。

 

  • ビタミンC誘導体
  • ピュアビタミンC

 

多くのビタミンC配合化粧品には、「ビタミンC誘導体」が使用されていることが多いです。

 

 

ビタミン誘導体が多くつ使われている理由は、安定性があるからです。

 

 

ですが、

 

 

ビタミンC誘導体は、肌の中で徐々にピュアビタミンCになるため、

 

 

ビタミンCとして肌で働くまでにロスが生じ、効率が悪いというデメリットがあります。

 

ビタミンC誘導体


ピュアビタミンC

お肌

 

だから、できる事ならピュアビタミンCの美容液の方が効率的なんです。

 

 

ナチュールシーは100%ピュアビタミンCを採用しています。

 

 

ですがこれまで、

 

 

天然のピュアビタミンCを美容液に応用するのは難しいとされてきました。

 

 

その理由は…

 

 

ピュアビタミンCは天然であるがゆえに水溶性で酸化しやすい性質があり、

 

 

油分を持つ肌に馴染みにく不安定な状態だったからです。

 

 

天然型のピュアビタミンCを肌になじむ油溶性にして安定性を持たせたのが「ビタミンC誘導体」でした。

 

 

お肌の角質層より下部は、水分が多いため、

 

 

お肌の美容液としては相性が悪かったんです。

 

 

ですが、ナチュールシーは、この安定性を見事にクリアしたんです。

 

 

このビタミンCの水溶性と油溶性を一体化する特殊な独自技術に成功しました。

 

 

それが、レイヤーボール構造」と言われる独自技術。

 

 

@画像

 

 

この水溶性と油溶性の2種類のビタミンを組み合わせる「ダブルのアプローチ」が最大の特徴なんです。

 

 

つまり、

 

 

水溶性の「ビタミンC」は油溶性の「ビタミンC」と一体化させる事で、

 

 

ビタミンCそのものを角質層まで浸透させることができ。

 

 

さらに強力な抗酸化力を発揮してくれるようになりました。

 

 

より透明感のある美肌に導いてくれるというわけです。

 

 

ナチュールシーはビタミンC化粧品の開発に着手したことで、

 

 

いまプロの美容専門家からも大注目されているんです。

 

 

@画像

 

 

老化とは、酸素によって細胞が酸化し、壊れていく過程で起こる現象。

 

 

酸化してガタガタになった細胞をビタミンCがリフレッシュしてくれるのです。

 

 

わかりやすく言うと、リンゴを切っておくと、色がだんだん茶色に変わっていきますが、レモン汁をかけると変色が止まります。

 

 

これは、ビタミンCによる抗酸化作用が働き、リンゴの実が酸化するのを防いだということになります。

 

 

肌の弾力に必要なコラーゲンは、ビタミンCが不足するとうまく合成できなくなります。

 

 

だからこそ、ビタミンCは積極的に摂りたいものです。

 

 

私の体験談をまとめた記事があるので、少しでも効果が気になる方は参考にしてください。

 

【顔シミ効果は嘘?】私がナチュールシーを1ヶ月使った口コミ

 

 

【ピュアビタミンC】メリット&デメリットのまとめ

即効性があると言われているピュアビタミンCですが、

 

 

ビタミンC誘導体と比べてどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ピュアビタミンCのメリット
・即浸透

 

ピュアビタミンCのデメリット
・希少性
・高価格

 

 

ピュアビタミンCは一般的に美容液で使われているビタミンC誘導体に比べて浸透力が優れています。

 

 

浸透力はビタミンC誘導体の約6倍。

 

 

一般的にビタミンCは美容に欠かせない成分であることは知れ渡っていますが、

 

 

例えば、

 

  • 細胞の酸化を止める抗酸化作用をもつ
  • メラニン生成を抑えて白い肌にする
  • 開いてしまった毛穴を閉じる
  • 大人のニキビを改善する
  • フェイスラインが引き締まる
  • 紫外線に負けない肌になる

 

などありますよね。

 

 

これらの効果をすばやく発揮するために作られたのがピュアビタミンCの美容液ということです。

 

 

どれだけ効率的にビタミンCを体の中に取り入れるかが大切なんです。

 

 

ビタミンCは酸化を抑制して肌トラブルのもとを軽減してくれます。

 

 

いわゆる、「抗酸化パワー」です。

 

 

メラニンの生成を抑制し、シミができにくい肌にしたりするだけでなく、

 

 

できたシミを薄くする効果もあります。

 

 

また、

 

 

体の中でコラーゲンをつくるためにビタミンCは欠かせません。

 

 

コラーゲンは真皮や靭帯、骨など体の基本的な部分を構成するタンパク質の一種。

 

 

わたしたちの体を構成しているタンパク質の約30%が、コラーゲンと言われています。

 

ビタミンCが不足

コラーゲンが不足

タンパク質が不足

 

ビタミンCの摂取量が減ることは死活問題と言っても大げさではないのでしょうか?

 

 

逆を言えばビタミンCは、アンチエイジングの救世主です。

 

 

こうしたビタミンCをどれだけ効率的に体に取り入れるかが重要なんです。

 

 

ピュアビタミンCであれば、汎用的なビタミンC誘導体に比べて

 

 

6倍の浸透力があるので、アンチエイジングの強い味方になるということでなんです。

 

 

ただ、それだけ高い技術が必要なピュアビタミンCは価格が高額な化粧品が多い印象です。

 

 

ナチュールシーも決して安価な買い物ではありません。

 

 

ですが、ナチュールシーの場合、期間限定のお買い得キャンペーンがあり、

 

 

手に取りやすい価格になっています。

 

 

初回は75%オフで1,980円から始められます。

 

 

ナチュールシーのお買い得情報を詳しく確認したい方は、

 

 

下記の最安値の公式サイトでチェックしてみてください。

 

 

 

 

【ピュアビタミンC】上手な使い方を解説

日中は過度なビタミンCは日焼けのもとになるので、私は、毎晩の集中ケアとして利用しています。

 

 

個人的に良かった使い方は…

 

  1. 化粧水をしっかり浸透させる
  2. ナチュールシーを優しく塗り込む
  3. 時間をおいてから乳液でフタをする

 

水も多めに飲むようになりました。一日の目標は2リットルです。

 

 

やっぱり、しっかり睡眠と保湿がすごく大事だと思います。

 

 

せっかく使うなら、きちんと肌生活スタイルを整えた上でナチュールシーを使うのをオススメします♪

 

 

その方が効果が早く感じられると思います。

 

 

よくテレビでみかけましたが、レモンの果汁をそのまま顔に塗る方法はおススメしません。

 

 

なぜならレモンには、ビタミンC以外にも「ソラリン」など様々な成分が含まれていて、

 

 

それが肌に残ったまま紫外線を浴びると色素沈着を起こすおそれがあるのです。

 

 

レモン,グレープフルーツ、キウイなどのフルーツに含まれるのは天然型ビタミンCなので肌の奥まで浸透しません。

 

 

果汁成分が肌表面に残っているとかえってシミを作る原因になりますね。

 

 

やはりビタミンCは化粧品で補ってあげることがおすすめです

 

 

【ピュアビタミンC】副作用は大丈夫?

 

ビタミンCの1日の必要量はおよそ100mgといわれています。

 

 

ビタミンCの吸収率は約90%と高く、体内に吸収されやすい性質を持っています。

 

 

体に良いからといって過剰に摂取しても余分なビタミンCは2〜3時間で尿中に排泄されてしまいます。

 

 

体内に蓄積されないため副作用の心配もほとんどありません。

 

 

ナチュールシーの副作用の報告はないとのことです。

 

 

私も実際に1ヵ月使ってみましたが、顔がヒリヒリしたり、

 

 

ニキビが逆に炎症したりすることはありませんでした。

 

 

ただ、安全な成分を配合しているナチュールシーでも、100%安全であるとはわかりません。

 

 

肌が荒れるなど副作用の症状が出てしまうリスクはあります。

 

 

どれほどよい成分を使用している化粧品であっても、

 

 

肌への相性があることを認識しておかなければないと思います。